テレビの放送を見て飼いたい!

ミニブタの魅力~飼うきっかけ~

オイラが豚を飼いたい・・将来飼うぞ!!と
決意したのは今から6年前にさかのぼります・・

当時彼氏だったよぴの君は大学生。
某大学の畜産学科で豚の研究をしていました。

「豚って可愛いんだ~」
口癖のようによぴの君はいいます・・

「ふーん。そんなに可愛いなら見てみたい!」

というわけで見学をしに行きました。
するとそこには大きなぶぅとミニブタ(推定体重50キロ越)が
いるではありませんか!

衝撃的でした。

豪快に水をぐびぐび飲む姿も走り回る姿も全てが新鮮。
可愛い!大きい!怖い!でも可愛い!!!
いろんな感情と格闘してること数分、今度は別の場所へ案内され
見たのは実験用の黒いポットベリー

か・・かわいい~!!!!
反則的な可愛さにノックアウトです。
黒くてムチムチのポベリちゃんはオイラの心を掴んでしまった。

でも、この子は実験用。
しかもよぴの君が卒論で使用する運命・・

それ以来その黒いポベリが忘れられず未だに脳裏に刻まれてます。
段々とミニブタ飼いたいという気持ちは大きくなり
よぴの君と「将来飼おうね!」と誓い合ったのが6年前です

あの頃はミニブタブームの到来!と話題になりTVでの放送を信じてました。
「ドッグフードで飼える」とか「大きさが柴犬ぐらい」とか・・
今考えると恥ずかしいですが、その程度の知識しか持ち合わせておりませんでした

ゼロからのスタート。
積極的にミニブタを飼ってる人のイベントに行ったり飼ってる人の
お話をアレコレ聞くのが一番の勉強になったと今でも思ってます。

参考書や豚の本を読んでもわからない問題もウーロンを飼っていっぱい出たし
悩む度に知恵を出して生活してきました☆
試行錯誤の飼育って言葉をオイラはよく耳にしますが
ほんと、その通りなんです!

まだまだ歴史は浅くアレコレわからない事も出てきます。
いろんな人の話を聞いたり見たり訊ねたりして今後もどんどん
取り入れてゆこうと思ってます♪
なので遠慮せずに勇気を持って疑問質問を聞いてくださいな!
オイラも勉強になりますのでご意見はありがたいです(^^)

| | コメント (0)

癒しの効果

オイラ・・さり気なく気にしてるのがこのうたい文句
たしかに萌え。ですよ・・かなりの萌えっぷり!
「癒しのペット」としてTVなどで紹介されるのにも納得してます
仕草や行動が本当に面白く見てて飽きないんですね(^^;

でもね、これだけは忘れて欲しくないんです。
見た目がいくら可愛くても家畜である歴史が長い以上
獰猛な部分もあるんだって事を。イノシシが先祖だって事を。

綺麗なバラにはトゲがあるように
可愛い豚にも困った習性や行動があり大変なんだって事を
頭に入れておきましょう☆

動物は本能のまま動いて当たり前!

躾や教育的指導は人間と暮らす為にやむ得ないかもしれないけど
決してそれを当たり前の事のように正当化せず、お願いしてるんだって
思いながら愛情を込めて生活していきましょう☆
自然な環境でのびのび育ててあげるのが理想だけど理想論だけじゃ
動物と暮らせないもの・・なんか変な方向にいってしまったぞ(^^;

ひとこと。
癒し効果は抜群だけど与えられるのではなく苦労した分だけ愛しくなる!
=癒し。かな?

| | コメント (0)

めざましTV(2007/1/16)

めざまし好奇心で取り上げられましたね☆
ミニブタ仲間のずしっぷどんも出演していたし
大きさも約成豚で「50㌔」とレポーターの方も話を
していたのでOKとしましょう(^^;

テレビでミニブタを取り上げられると間違った情報が
多かったのですが近年はようやく「柴犬ぐらい」から「大型犬」と
表記されるようになって少しは改善されてるのかな?
あとはペットショップの店員さんの意識改革だね~
商品として扱うならその「商品」の正しい説明はしてもらいたい
もんです・・(犬と同じって言う人多いですが違いますよ!)

さてさて~ちょいと気になったのは老人ホームで癒し豚として
ご活躍中のミニブタさん。ちょいと痩せ気味だったかも。
そして発情してるかな?(未避妊)ともTVの前の旦那が
言ってました。陰部がいちごちゃんでしたね~☆
うちのオババ(祖母)もウーロンにメロメロなので癒し効果は
抜群と思われます☆これからミニブタの活躍の場も広がるのかな?
ちなみに・・あの子はうちの旦那が販売した去年生まれた子
と思われます(^^;

| | コメント (0)