去勢と避妊

オス豚の去勢

未去勢のまま、販売しちゃってるショップが多いようで
この所よく「去勢の時期(タイミング)」を聞かれます(^^;

オスの去勢ですが・・適正な時期は決まってない・・ですかねぇ~
・・いつもにまして歯切れが悪くなっちましますが・・www

獣医さんにお願いすれば去勢手術=「麻酔」前提の去勢手術でございます。
養豚はというと・・NO麻酔。生後まもなくニッパーでピリッツルッパッ!とあっという間に
やっちゃいます(男性諸君痛い話でごめん)うちの旦那さんもやってます。

では、ペットブタはどうか?NO麻酔でピリッツルッパッ!・・といきたいところですが
ショック死もありえるし、傷口から雑菌が入っちゃう事もあるのでそうはいかない!
麻酔アリのリスクと麻酔無しのリスク・・どちらとも付きまといます。人間だって全身麻酔
かけるとき医者の承諾書みたいのに印鑑されちゃいますし(――;

麻酔アリのリスク
■ 豚さんは麻酔が効きにくい。ましてや体が巨体になればなるほど注射さえもしにくく
  麻酔による後遺症が残るケースがある(失明・運動障害)失明は多い。

麻酔ナシのリスク
■ 全力で暴れて抵抗するので体を押さえつけなくてはいけない。麻酔なしなのであまりの痛さにショック死する可能性もある。トラウマになり人間不振に陥る事で友好関係が崩れる危険もある

と、いうわけでオイラの意見をまとめますと・・
去勢は生後数が経過すればするほどリスクが高くなる!が出来ないわけではない。
麻酔ナシは獣医師は基本的に行わない為、麻酔に関する知識のある獣医師と相談の上に去勢手術を行うのが望ましい。
生後まもなくの去勢を推薦する獣医師と生後半年後の去勢を推進する獣医師がいる等
去勢の適正な時期については意見が分かれ双方それぞれの考えや理由があるので
どちらが正しいとは一概には言えない。(オイラ的には前者です)

| | コメント (0)

避妊手術について・・

避妊手術について追記します★

避妊手術をさせるかさせないかは飼い主の考え次第!ダヨ

出来れば体にメスを入れるような事なんて誰だってしたくないし
命を落とす危険もあるわけだからね~(^^;
オイラも手術なんて出来ればしたくなかったよ。可愛いウーロンを失うリスクも
正直あったわけだから・・申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

そう、メリットデメリットをどう判断するかは飼い主である貴方次第なんです!

強制はしません。そして避妊手術をさせないのが悪い事とも言ってません。
個人の自由であるわけだもん☆

実際に避妊してないペットのぶぅだっているし
飼い主が全てを受け止めて仲良く生活して、情緒不安定時の行動も前向きに
とらえて仲良く生活してるのであれば問題ないじゃん♪それが一番ステキな事だと思う。

オイラの飼育環境は賃貸住宅でありペット可物件であっても
近所迷惑になる「あの叫び声」はまずいと思ったんだ・・
人間のエゴで辛い思いをさせてしまった事は今でもウーロンには
申し訳ないなっておもってる。

でもね、オイラと旦那が相談して決めた結果(手術)は今ではよかった・・って
今は思ってる・・

これから避妊手術をするか、しないか考えてる方へ・・
最終的に決めるのは「あなた」の気持ち。
リスクがあること。そしてその先の生活を思い描くのもあなた次第です★

豚の避妊手術ができる獣医師は少ない。相談できる人もいない・・
関東の病院情報は数件あります(ネットでは公表してません)
関西方面はお友達のぶぅ友が情報を持っていますので相談してください♪

| | コメント (0)

ミニブタの去勢と避妊

オイラの考え(意見)とアドバイスを書いてみようと思う。

♂(オス)は施設やちゃんとした所が販売されてるのであれば
ほぼ去勢されていると考えていい。生後すぐにペット用豚さんは去勢
するのが普通だからね。技術があれば簡単にできる事なので・・
でもペットショップやホームセンターで販売されてる豚さんの多くは
未去勢が多い。何故か?
販売の許可をされていないブリーダが繁殖し、そのままショップなどに
流してる可能性が大きいと思われる。ショップ的には「宣伝効果」を期待
して販売するみたいだが結局は売れずに悲惨な運命を迎えるそうだ。これには憤りを感じるオイラです・・

オス豚の去勢はそんなには難しくなく手術も1時間程度で終わります。
費用も1万~3万ぐらいまで。生後数が浅ければ浅いほどリスクは低い。
あとは獣医師と相談してアドバイスを聞くのがいいと思う。

去勢をしないとどうなるか?

牙も伸びるのが早い、常に発情している状態が続きます。
もちろんニオイもキツイ。スパイシーなオスの香りがします(^^;
性格的にも荒々しく体も逞しくなる為攻撃もされます。オス豚をペットとして
飼育する場合は去勢をした方がいいでしょう。

♀(メス)豚さんの場合・・
♀ぶぅの場合は飼い主さんの自由でいいと思うのだがオイラは避妊をすすめています。
発情は早い子で3ヶ月~遅い子でも5ヶ月ぐらいまでにはやってきます!
オス豚が毎日発情するのに対してメスぶぅは21日周期(平均)で発情を迎えます。

期間は3日~7日間これも個体差があります。
メス豚さんが発情すると情緒不安定になり常に落ち着きがない状態が続き
場合によっては泣き叫んだり、トイレも定まらなかったりします。
陰部から透明の粘液が出て、赤く腫れるのが発情してる証拠です(^^;

よく「陰部がイチゴのように赤く腫れてしまったけど病気?」と思う人も
いるようですが、病気ではなく「発情」なので覚えておいてくださいね!

♀ぶぅの避妊手術は若いうちにやれば回復も早いしリスクも低いようです。

<オイラの意見>
①オスもメスも去勢・避妊手術をおすすめします。
②ミニブタの避妊手術経験を持つ獣医師は少ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)